インフルエンザ

どうも調子が悪く、咳も出るので、カゼかな、速く治さなければ・・・と思っていた。
3月11日(土)は新篠津高等養護学校演劇部「どんぐりの学校」のポルト公演(1回目は500人超え、2回目は300人超え!)。前日は仕込み。
公演が無事に終わった夜、熱が38度に。12日はオープンキャンパス。インフルエンザなら拙いなぁと、夜間救急に電話する。発熱してから半日ぐらいたたないと正確な診断はできないとのこと。(鼻の奥の粘膜で検査。陽性なら良いが、陰性判定の場合、早い時間だと鼻の奥の粘膜までウィルスが行ってない場合があり、陽性に転じる場合があるとのこと。朝の6時ごろ来れば確実ですねと。)
朝、早く起きて6時半ごろ、夜間救急に。結果はB型インフルエンザ。5日間、「うつさないため」に外出を控えなさい。薬を飲みなさいということに鳴ってしまった。インフルエンザの薬は「タミフル」。異常行動の可能性の注意事項がある。ちょっと怖い。(今のところ大丈夫)

本当に久しぶりに、何十年ぶりにインフルエンザにかかった。やっぱり相当身体が弱っていたんだろうなぁ。

もう年なので、昔のような働き方はできないなぁと、つくづくと思うのでした・・・。

投稿者

Share: